私たちの物語

Laine Ann は女性らしさを称賛し、女性のための美しいドレスの作成を専門とするブランドです。ジェンダー間の対立が蔓延する世界で、私たちは女性たちが誇りを持って女性らしさを受け入れるようインスピレーションを与えたいと考えています。この目標を達成するには、協力的で安全な環境を作り出すことが不可欠です。

2016 年に遡ると、当社の最初の製品はビキニでした。日本の人々は日焼けを避けるためにできるだけ隠す傾向があることに気づいていましたが、私は自分が大好きなビキニを提供することでそれを変えたいと思いました。日本で一般的なワイヤー入りのトップスや大きめのショーツとは異なるビキニを作りたいという情熱が私を動かしました。

ネット販売を経て、2017年には鎌倉の海の家でポップアップストアをオープンしました。ブランドをアピールするのに最適な場所を探して、逗子海岸にある30軒以上の海の家を一軒一軒訪問したのを覚えています。私たちは無名のブランドだったので、オーナーの信頼を得るのは大変でした。振り返ってみると、それをやり遂げたのは私だったのではないかと思わずにはいられません。日本で育った非常に内向的な人間として、私は文化的規範を理解していました。私は、単に現れて、彼らの店に私たちのブランドを置いてほしいと頼むことは、これらの日本のビジネスマンにアプローチする適切な方法ではないことを知っていました。


交渉スキルが向上したのか、それともただ運が良かったのか知りたいです。私が戸別訪問をしている間に、店主の一人が私にそのスペースを使わせてくれることに同意してくれました。しかし、家賃を払うか、売上の10パーセントを渡してくださいと言われましたが、お金がないこと、初めてのことなので売れるかどうか不安であることを説明しました。その代わりに、夏の間毎週末3か月間そこで働き、顧客を呼び込むことを約束しました。別のラインを立ち上げるほど業績が良かったので、女性向けのパーティー ドレスの販売を開始しました。

その夏の間、私は私のビジネスを手伝ってくれると申し出てくれた多くの人に会う機会がありました。私の経験不足のため、彼らの意図が誠実であるかどうかを見極めることができませんでした。入社時に「25歳までに定期的に売り上げがなければこの夢は諦める」と心に誓っていました。情熱。特に当時私がすでに26歳だったことを考えると、これは難しい決断でした。その後、客室乗務員になりましたが、コロナ禍で客室乗務員として働くことがますます難しくなりました。それで、2022 年に仕事を辞めて、再び Laine Ann に取り組み始めました。

私は幼い頃からドレスアップへの情熱に目覚めました。周りに同じ興味を持つ人が誰もいなかったにもかかわらず、私は熱心にそれを追求しました。姉妹たちに重要な行事があるときはいつも、私は彼女たちにドレスアップするよう勧め、内面の美しさを引き出す手助けをしました。彼らが肉体的にも精神的にも変化していくのを見て、私は言葉では言い表せない喜びを感じました。情熱を追求することで、これほど多くの充実感と幸福がもたらされるのは信じられないほどです。

この物語から覚えておいていただきたい重要なことの 1 つは、常に自分自身に忠実であり、あなたの周りの女性をサポートすることです。自分の間違いを笑うことを恐れず、親切で前向きな人になることで、他の人にインスピレーションを与えることができます。人生のどの季節にいても、Laine Ann を着ると見た目も気分もいつも素晴らしくなります。